戻る
ディズニーランド流心理学―「人とお金が集まる」からくり (知的生きかた文庫)

人気ランキング : 83885位
定価 : ¥ 560
販売元 : 三笠書房
発売日 : 2002-07

価格 商品名 納期
¥ 560 ディズニーランド流心理学―「人とお金が集まる」からくり (知的生きかた文庫) 通常24時間以内に発送
もう少し掘り下げてほしかった

今回、初めて、いわゆる「ディズニーランド関係のビジネス書」を読みました。
「たくさんの斬新なアイディアがディズニーランドの一人勝ちを生んだ」という
ようなことは噂で聞いていたので、その噂の真相や、どういう理屈でそれらの
アイディアが実践されているのかということを知りたかったのですが、
「アイディアの紹介」レベルで終わっている箇所が多く、もう少し掘り下げて、
それらのカラクリを「曝いて」ほしかったです(この価格でそこまで求めるのは、
少々酷なのかもしれませんが)。

すごいよディズニー!

私は大のディズニーファンです。
あそこにいると疲れもあまり感じないし、時間だって早く過ぎてしまうし・・・。
他の遊園地では絶対に味わえない異世界がどうしてできたんだろうと興味を持ち、この本を手にしてみました。そしたら・・・。
この先の感想はぜひ読んでみていただきたいのですが、私は本でこんなにも感心させられたことはないというくらい、この本には見入ってしまいました。
顧客満足が重視される最近の風潮の中で、ディズニーだけが遊園地事業で一人勝ちをする仕組みが見えてきます。
文句なく☆☆☆☆☆としました。

顧客サービスのお手本

TDLはマーケティングを徹底的にやっていると言われていますが、この本を読むとその実態の凄さがわかります。実はひやかし半分で買ってみたのですが目から鱗の連続でした・・・。

徹底的な顧客へのサービス、従業員の教育等、勉強になる項目がほとんどでした。しかも実例ばかりなので理解しやすいです。そこら辺の理論だけ偉そうに羅列してある本とは大違いです。(まぁ脚色は多少あるでしょうが。)読み進めていくと何度も「ここまでやるか!」という事例が多かったのですが、その結果としてTDLの今の繁栄があるわけで非常に勉強になりました。

短時間で読め、安価な割には満足できる一冊です。

ディズニーマジックの真相が分かる!

最近、東京ディスニーリゾートに行きました。

初めての東京ディズニーランドでは、なぜか”ホンモノ”を実感し、何もかもホンモノにすごく感動した!
そして、2度目。
なぜこんなに面白いのか?
なぜ小さな子供がぐずったりしていないのか?
アトラクションやパレード、それにポップコーンに長い行列ができてもなぜ誰もクレームを言わないのか?
おみやげをこんなにも買ってしまうのはなぜか?
大人から子供までなぜ楽しめるのか?
いたずらっ子がいないのはなぜ?
何がヒトを寄せ付けるのか?
というふうに、疑問が次から次へと出てきて、東京ディスニーリゾートとは何かということを研究してみたくなりました。
東京ディスニーリゾートを分析した本はたくさんありました。
その中で、この本は、本質部分をわかりやすく説明してあります。
企業やサービス業に従事されている方は、顧客満足と収益の相関関係という観点で、一読の価値があります。
そして、東京ディズニーリゾートに行って、見て、感じたことに応えてくれることでしょう。

アンチディズニーが行きたくなってしまう本!

ディズニーには興味がない。
しかし、ディズニーの戦略は気になる。
はたして、ディズニーランドにもUSJにも行きたくなってしまう。
それだけでも凄い!
最後の方にあるレストランでのエピソードだけでも
読んでみてください。

このページのトップに戻る
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。