戻る
社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった〈2〉熱い気持ち編 (KOU BUSINESS)

人気ランキング : 22170位
定価 : ¥ 1,260
販売元 : こう書房
発売日 : 2003-12

価格 商品名 納期
¥ 1,260 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった〈2〉熱い気持ち編 (KOU BUSINESS) 通常24時間以内に発送
日本の企業が忘れてしまった 真のOJT

→もう なんか うるうるシチャイマシタ..
  ディスニーランド最高!
  私も半年くらい 働きたい..

→1時間30分くらいで 一気に読めます
  メルマガが元ネタなので
  1話1話が短く 今風の話言葉で綴られているので
  気楽?に読めます

→サービスとはハートのリスクを負うことなんだよ(P55)
  くぅうう しびれる しびれる

→日本の企業が忘れてしまった 真のOJTがここにあります

→熱いの弱いです..とにかくシビレマクリでした..

前作より、ずっと内容が良い。

 前作を読まれた方は、本書に懐疑的なまなざしを送ったのではなかろうか?しかし本書の内容は深い上に著者の成長が見える。
 心に伝わるだけの経験を著者が実に見事に告白し、表現している。前作はハズレで、本作はすばらしいものである。手元に置いて損のしない一冊である。

ディズニーのスタッフだからこそ。。。

 この著書は私たち一般のゲストの視点で観た場合と元スタッフや現役スタッフとでは全くと言って良いほどの差があると思います。
 つまり私達ゲストはディズニーランド・シーの演出者の全てを観えず一部だけの感動を教授している訳です。従ってこの著書はそんな私達ゲストのほとんどが知り得ない多くの演出者達の素顔の一部を香取さんの体験を通して見せてくれたのは非常に意義がある事だと思います。決してただの体験談や誰にでもが書ける事でもないと思います。誰でも書けるのだったら是非書いて頂きたいものです。どんどんこういった素晴らしい著書を期待しているからです。自分自身を素直に正直に謙虚に表現した著者に感銘します。一昨年ランド・シーに行きましたがシーでは、レストラン(ポルトフィーノでしたか)ではスタッフの方の心づかいを頂きました。気持ちよくシーで安堵の時をすごす事が出来ました。
 

続編は・・・

内容は悪いところがあるわけではないのですが、どうしても一冊目からの重複感は否めず、
大半のところは、読んでいてちょっと物足らないところがありました。
初めて、この本だけを読んでいれば、そんなことはないのでしょうけれども・・・。
ただ、最後の方に取り上げられていた方の話は、とてもよかったです。
売りの部分は、最後の方にあります。辿り着くのに少々退屈をするかも知れませんが、
がんばって読みきれば、必ず救われるでしょう。

ディズニーからの卒業

元ディズニーランドのキャストです(3年間勤めました)
1巻を読んだ後、この本を読みました。
内容的にまとまりが無く、1巻と重複感はあります。内容からも新しい気付きのようなものがありませんでした。ちょっと残念感があります。
本書では難病の子どもの話などもでていますが、ディズニーランドではそれが目新しい事ではなく、日常に普通に存在しているものです。だからこそ、毎日が初演でいられたと思います。
また、1・2巻とも、元キャストの立場として読ませて頂いて、何か違和感のようなものを感じました。もしかしたら、他のキャスト経験者も感じてないでしょうか。
また、ディズニーの名を借りず、ディズニーのその後の著者の経験に基づいた本を期待しています。

このページのトップに戻る
このサイトはAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。